遺品整理の時期はいつから行う? | 東京・神奈川~全国展開のリークラブ - 家具・エアコンを高価出張買取

お問い合わせ よくある質問

遺品整理の時期はいつから行う?

room_living_normal自分の親戚や身内が亡くなることは、人生の内で機会は少ないでしょう。その上、お葬式の準備などに追われ、気が付くころには「遺品の整理はどうしたら良いんだろう」と悩む場面もあります。

遺品はいつ頃から整理したらよいのか、遺品整理のタイミングは、自宅に残しておきたいもの、諸々の事情により保管できないものなど、遺族の方はどうしているのでしょうか。

遺品整理は落ち着いてからが基本

前提として「遺品整理をいつまでに行わなければいけない」という決まりは基本的にはありません。しかし以下の場合は状況に合わせて期限内に遺品整理を行うケースもあります。

個人の自宅が賃貸物件

building_apart2故人のみが居住していた賃貸物件から退去しなければいけない場合は、定期借家では一か月前に管理会社へ連絡などを入れます。また都営住宅の場合は30日以内、一般賃貸住宅は14日前など、退去届を提出した後の日数が決められています。

故人が亡くなってからは慌ただしくなりますので、次月の家賃を支払って次の月に遺品整理をする方法もありますが、賃貸物件の遺品整理は自身でスケジュールをしっかり管理されてから遺品整理を行うとスムーズに進みます。

地方のルールや宗派

nihonchizu_area遺品整理は基本的には遺族のペースで行えますが、住んでいる地方のルールや宗派によっては法的な拘束力がなくても「いつまでに遺品整理をしておいたほうが良い」という場合もあります。

その場合は地域の詳しい方や宗派に確認するのが一番ではありますが、主に四十九日前夜までに遺品整理を行うことが多いようです。

 

遺品整理はなぜ四十九日を目安にするのか

flower_kiku故人が亡くなった日を含め七日後が初七日となり、個人は三途の川のほとりに辿り着きます。初七日から四十九日までは来世の行先が決まる日数となります。

故人は四十九日に旅立ちますので、遺族も四十九日を境に喪に服していた日常から本来の日常生活に戻ります。

日常生活に戻る前、つまり四十九日前夜までに遺品整理を行い、気持ちの整理をつけることが徐々に定着したと考えられています。

 

遺品整理を四十九日の後に行うケースもある

osoushiki_osenkou現代社会では遺族は働いている方も多く、親族まで含めるとなかなか集まる機会を作れないケースもあります。

ですが故人の遺品は親族で話し合い遺品整理をすることも数多くあります。

その為、四十九日ではなく一周忌や何らかの機会に合わせて遺品整理を行う場合もあるようです。

 

遺品整理を行う時期は家庭それぞれだが、気持ちの切り替えが重要

oshoushiki_gosyoukou故人が亡くなった後の手続きや、ご家庭の事情などにより遺品整理を行う時期は、家庭によってまちまちです。

遺品整理を行うのに最適な時期は「遺族の気持ち」が最も重要なのではないかと思います。

遺品整理は故人との想い出に、自分なりにケジメを付ける意味合いもあります。また故人としても現世に未練(遺品)を長く残しておくのは心残りとなる考えもあるようです。

 

 

遺品の整理

recycle_mark故人との想い出が多く詰まった遺品を手元に残しておくことも可能ですが、遺品は大小様々で全ての想い出と共に遺しては置けないのが現状です。その際は新たな人物に遺品を更に長く使っていただくのも良いかもしれません。

保管が出来ず廃棄が決まってしまった遺品を、粗大ごみなどに出すのが忍びないなど心苦しい場面は多くございます。リサイクルショップでは人から人へ、本当に必要な方へ商品を流通させて参りました。

もし宜しければ遺品整理も承っておりますので、お近くのリークラブ加盟店にご相談ください。

買取エリア一覧はこちら


RE-CLUB神奈川ブログ一覧へ戻る

買取エリア一覧

店舗一覧

買取の流れ

買取の対象品

一覧

トピックスカテゴリー

トピックス

一覧

店舗一覧

一覧

Copyright © 家具・エアコン買取のリークラブ. All Rights Reserved.